fc2ブログ

「縫う(ぬう)」の基礎 2

さて、次は「縫う」です

「縫う」には縫い針と縫い糸が必要です
200228_1814~01
針にはミシン針とか刺しゅう針とか毛糸用やぬいぐるみ用やビーズ用や
もっともっとたくさん種類がありますが
「縫う」ための縫い針が理想的です
長さや質もピンからキリまでありますけれど
百均で売っている針でも構いません
使いやすいものを、なんて言ったりしますが
初心者の方は何が使いやすいか比べる機会もないと思います

糸はご家庭にありますか?
白と黒が多いでしょうか
薄い色の布なら白でいいと思います
布色に合わせた糸を用意するのも大変なので

ここではわかりやすいように緑の糸を使います
200228_1829~01
針に糸を通して必要な長さに切り
1本どりで縫いますので、片方の糸端に玉結びを作ります

そこで「必要な長さ」ですが
縫う距離の倍の長さは欲しいところです
縫う距離が短くても糸は最低15㎝くらいあった方が良く
縫う距離が長くても糸は60㎝以下にした方が縫いやすいです
短過ぎると最後の玉止めがしにくいですし
長すぎると縫っている途中にからまってしまう可能性があります
からまると、そりゃもう悲しいので60㎝くらいにしておきましょう
針に通して折り返すと30㎝位になります

1本どりとは、縫う時に1本の糸で縫うことです
2本どりの時は、針に通した糸端2本をまとめて玉結びしますが
今回は片方1本の端に玉結びを作ります


では玉結びを作ります

あらかじめ親指と中指で、糸を通した針を持っておき(画像では左手で持っています)
糸端を人差し指の上に置いて
針の中ほどで糸端を押さえるように指との間にはさみます
200228_1826~01

押さえた糸端の5~10㎝くらい離れたところを持ち
針に巻きます
200228_1826~02
1回
2回巻いて
巻いた部分を、押さえていた糸端の所まで持っていきます
200228_1827~01
巻いた糸を持ったままで引き下ろすと、糸端の所まで行きます
糸端を押さえている針が外れてしまわないよう、強めに押さえておくことが必要です

糸を巻き付けた部分を親指でしっかり押さえます
人差し指と親指ではさんでいる状態です
200228_1827~02
最初に親指と中指で針を持っていたのだから
ここで親指をいったん離して持ち替えると針が落っこちちゃう
落っこちてしまわないよう、針先をもう一方の手で持ってから親指を移動します

指でしっかりはさんだままで
ゆっくり針を引き出します
200228_1828~01
糸が全部引き出されるまで、絶対にはさんだ指をゆるめません
しっかりギュッと強くはさんでおくことが、うまく玉結びを作るコツです

玉結びが出来ました
200228_1829~01


では縫います
最初に針を刺すのは、縫う部分の端からぬい代側に2~3㎜入ったところです
200228_1926~01
ひと目分先に針を出し
針を通しきったら、糸を引きます

ここでひと針返し縫いをします
200228_1927~01
玉結びのすぐとなり(または同じところ)にもう一度針を刺し

またひと目縫います
200228_1927~02
これで「返し縫い」ができました
*(←この*マークは後の説明で出てきます)

あとは線の上を縫い進んでいきます
200228_1928~01
画像では何目か一気に縫っていますが、ひと目ずつでも構いません
何目か一気に縫うのには、縫い目を真っ直ぐにする効果がありますので
慣れたら挑戦してみてください

この縫い方は「なみ縫い」とか「ぐし縫い」と呼ばれます
表と裏(ここでは前と後ろ)の目の長さが同じになる縫い方です
200228_1929~01
後ろ側も線の上を縫っているか確認しながら進みます

縫い終わるのも線の端からぬい代側に2~3㎜出たところまでです
200228_1932~01

ここにも返し縫いをします
200228_1933~01
最後のひと目(後ろ側に糸が通っているところ)を、もう一度縫います
返し縫いです
200228_1934~01

普段でも最初と最後は返し縫いすることをオススメします
玉結びが抜けてしまうことがあるからです
特にガーゼなど目の粗い布は抜けやすいので、返し縫いしましょう

ここに玉止めをします
最後に糸が出ているところです
200228_1934~02
玉止めしたいところに針の真ん中あたりを重ねます
後ろ側は人差し指か中指で支えてください

玉結びを作った時のように2回糸を巻き付け
糸の根元にぴったり寄せます
200228_1935~01
このとき糸の根元から離れていると、思ったところに玉止めができません
ぴったり寄せます

糸を巻いたところを親指でしっかり押さえます
後ろ側の指と親指ではさむようにします
200228_1936~01
しっかりギュッと押さえてください
針を折らない程度に

玉結びのときのように、ゆっくり針を引き出します
200228_1936~02
糸が全部引き出されるまで、絶対にはさんだ指をゆるめません
しっかりギュッと強くはさんでおくことが、うまく玉止めを作るコツです

玉止めができたら2~3㎜先で糸を切ります
200228_1937~01

ここまでが「なみ縫い」または「ぐし縫い」です

縫い目は細かい方が理想的ですが
ちなみに今回1.5~2㎜の目で縫っています
200228_1943~01
1㎜のところもあるか…

皆さんにこの細かい目で縫いなさいとは言いません
どうやっても目が大きくなってしまうって方が多いでしょう
初心者さんならなおさらです
でも縫い目は細かい方がしっかり出来上がりますし、大きな目だと穴があいてしまいます
そんなとき便利なのが「反返し縫い(はんがえしぬい)」です

では反返し縫いをしてみましょう
最初の返し縫いが終わった*マークの後から続きます

針を刺すのは小さな目でも出来ますので
最初は2~3㎜くらいのところに刺します
200228_1945~01

針が出るのは5~6㎜先に
200228_1945~02

次に刺すところは、今縫った目の半分あたりに戻って刺します
200228_1946~01

ひと目前に出します
200228_1946~02

また半分戻って刺し
200228_1947~01

ひと目先に出します
200228_1947~02

半分戻るから「反返し縫い」です
ひと目が6㎜あっても、半分戻れば3㎜の縫い目で縫えるのです
200228_1947~03
実際には戻った3㎜+6㎜なので、先に針を出す時は1㎝ほどの目で縫っていることになります
1㎝くらいなら頑張れますよね?
もっと頑張れる人は、2㎜+4㎜に挑戦してみてください
細かくてきれいな仕上がりになります

そこで、きれいな仕上がりにするもう1つのポイント

ぬい代を5㎜に切り揃えます
200228_1948~01
基礎1でぬい代を1㎝付けていますよね
これを半分の幅に切り揃えるのです
200228_1949~01
ぬい代は狭い方が仕上がりはきれいです
普通は4~6㎜くらいがちょうど良いでしょう

普通じゃない時って何?
カーブの急なものを縫った後などです
ゆるいカーブならいいですが、急カーブはもっと狭く切った方が良い場合があります

5㎜に切り揃えるなら最初から5㎜にしたら?
布は縫っているうちに端がほつれてきます
特にガーゼ布はほつれやすいです
縫っているうちにぬい代が狭くなってしまう事もありますので
広めに付けたぬい代を、縫った後に切り揃える方が良いのです
また、ぬい代が狭いと布が伸びて縫いにくい事もありますので
縫ってしまうまでは広めの方がやりやすいです

縫い始めと縫い終わりを角から2㎜先までにしたのは
後でぬい代を切り揃えるからです
ぬい代の端いっぱいまで縫っていると
切り揃える時に縫った糸まで切ってしまって大変なので注意しましょう


ここまでで「縫う(ぬう)の基礎」は終わりです
わからないことがあったらお尋ねください
また、○○について説明して欲しいなどありましたら、お気軽にどうぞ



「立体布マスクレシピ」と「マスク用ガーゼ布とマスクゴムのセット」はこちら
パッチワークショップ<FLOWERPOT
スポンサーサイト



「縫う(ぬう)」の基礎 1

作り方説明書に「ここを縫います」と書いてあっても、どうやればいいのかわからない
そんな方のために「縫うことの基礎」を説明していこうと思います

きっかけはガーゼマスクのキットを販売したこと
裁縫未経験者の方にも子どもさんにも作って欲しい
うちのキットじゃなくても他のキットでも
持ってるガーゼ布をマスクにしたいって方でもいらしたら
作るお手伝いになればと思います


まず、布には表と裏があります
200228_1637~01

布を図案の形に切り取りたいとき型紙を使って線を書きますが
布の裏側に書くようにします

ここでは紙を使って説明します(この紙が布の裏と思ってください)
布の裏に型紙を置き、型のふちに沿って線を書きます
200228_1640~01
(マスクの型ではありません。左右対称がわかりやすい形にしました)

 布に線を書くものはチャコ・チャコペンなどありますが
 無ければ色鉛筆でも構いません
 以外と有効なのが濃い鉛筆です
 3B~4Bくらいの鉛筆は芯が柔らかいので力を入れなくても線が書けます
 力を入れると布がゆがんで正確な形が書けませんので
 濃い芯の鉛筆でそっと書くのが理想的です
 今回は3Bのシャープペンを使いました

立体布マスクの作り方には「左右対称に2枚」的なことが書いてあります
左右対称の形に布を用意するためには
もう1つは型紙を裏返して線を書きます
200228_1641~01
裏返したら白かった…わかりにくくてすいません

左右対称に2つ図案が書けました
200228_1641~02

なぜ端から書かずに途中に書いた?
それは縫い代が必要だからです

作り方や型紙には「縫い代を〇センチ(または〇ミリ)付けます」と書いてあります
マスクのレシピには1㎝付けるように書いていますので
型の周囲ぐるりに、それぞれ1㎝の余白を用意しなくてはなりません
200228_1643~01
型と型の間も1㎝ずつなので、合計2㎝開くことになります

1㎝ずつと言っても、ぐるりそれぞれものさしで計って印しなくてもいいです
ただ、1㎝と思っていても実は全然短かった、長かった、なんて事も多いので
一度1㎝がどのくらいか確認して、ほぼその幅になるようぬい代を付ければ大丈夫です

切るのは赤い点線の部分です

布で切り取ったものがこちらです
200228_1703~01
これで「左右対称に2枚」できました


次に縫う作業に入ります

作り方には「布を中表に合わせます」と書いてあります
「中表(なかおもて)」とは文字通り中が表で、外が裏になるよう合わせることです
200228_1756~01
(お見苦しい手で申し訳ない。指紋隠しと手荒れ隠しのため指は塗りつぶしています。太さまでは隠れなかった…)

左右対称に形が作ってあれば、中表でぴったり合います
200228_1755~01

縫いたい線の端にマチ針を打ちます
200228_1759~01

後ろ側の布も線の端にマチ針の先が出ていることを確認します
200228_1759~02
(今後はマチ針を刺し入れた側を「前側」、マチ針が出た側を「後ろ側」と呼びます)

この時線の端(この場合は角)に針先が出ていなかったら布がずれていると言うことなので
ちゃんと端(または角)に針が出るよう刺し直します
刺し直す時は、前側の差し入れた方は抜かず、後ろ側の布だけ針を抜きます
全部抜いてしまうと、何度やっても合わないなんてことになりかねません

うまくマチ針が刺せたら、布に対して垂直になっているか確認します
200228_1800~01
針が斜めになっていたら、布どうしがずれていると言うことです
針は抜かず刺したままで、垂直になるよう布を調節してください

針先を前側に出します
200228_1801~01
これで2枚の布が止まりました

マチ針は縫う線上の数か所に打ちますが
打つ順番があります
1番目は両端
200228_1801~02

2番目はその真ん中です
200228_1802~01

3番目は1番と2番の真ん中
200228_1803~01
黄色のマチ針を3番目に打ちました

マチ針は多ければ多いほどいいと言うものでもなく
多すぎると縫いにくくなります
直線を縫う場合のマチ針とマチ針の間隔は3~5㎝が良いでしょう
ゆるいカーブなら3㎝くらい、急なカーブの時は2㎝くらいにします
長い距離を縫う時には、上の画像のそれぞれ真ん中に打って増やします

マチ針を打つ時には後ろ側も線の上に刺さっているか確認してください
200228_1804~01



「縫う(ぬう)の基礎 2」へ続きます





「立体布マスクレシピ」と「マスク用ガーゼ布とマスクゴムのセット」はこちら
パッチワークショップ<FLOWERPOT

久しぶり更新のごあいさつ

こんにちは!

めちゃくちゃお久しぶりです…4年ぶり?
Erik生きております
お教室も続けております
ただ、ブログ更新する時間が無くて遠ざかっておりました

さて、昨今のマスク不足に困っていると言う声を聞き
FLOWERPOT店でマスクレシピとマスク材料の販売を始めまして

ネットにもあちこち無料の図案や作り方がありますので
それを見て作れる方はそっち使ってください

ただ、縫い物苦手だったり超初心者や入門者の方は
作り方見てもわからない
そんな方のためにめちゃくちゃ詳しく説明したレシピになっています

家庭科の授業受けた子どもさんにでも作れると思います
学校が休みのところも多いですし
子どもさんが自分用のマスク作ったり
家族の分を作るのも良いのじゃないかと思います

詳しい説明と言いましても
全くわからない人にはやっぱりわからないかもしれない
以前お教室に新しく入った人で
まち針ってどう刺すんですか?
とか、玉結びが出来ませんって方もいらっしゃったのを思い出しまして

「縫う」事の基礎を説明しようかと思います
Erik独特のくどいくらい詳しい説明、次記事に続けます
ネット上のどこにもない(だろう)くらいの超入門者向け記事目指します!

めっちゃ長いので投稿まで時間かかるかもしれませんが


「立体布マスクレシピ」と「マスク用ガーゼ布とマスクゴムのセット」はこちら
パッチワークショップ<FLOWERPOT

ミニベア作り方2を更新

こんにちは



相変わらず画像がアップロードできませんので

アメブロの更新お知らせになります


って言うかなぜアップロード出来ない?

ずっとブログさぼってたから?

罰?

困りましたね…



2回目を↓ここに書いております

「Fairy Party」
http://ameblo.jp/fairy-in-wonderland





パッチワークショップ「FLOWERPOT」はキット販売をお休みしている状態ですが

ご用意出来るものもあるかもしれませんので

まずお問い合わせください



いつもたくさんの拍手ありがとうございます
ランクアップするととても嬉しくて励みになります!
こちらも↓ちょこっとクリックしてやってくださいませ
<FC2手芸・ハンドクラフトランキング>

<にほんブログ村パッチワーク・キルトランキング>







*お教室情報*
常に生徒さん募集中です
大阪府高槻市の公民館で(表向きは)サークル講師と言う形で教えています(公民館なので)
基本的に第一・第三木曜日(変更する月もあり)の10:00~12:00です
毎月必要なのは1500円と材料費
のんびりしたお教室なのでハードなスパルタをお求めの方には向きません
”作りたいものが作れる”をキャッチコピーにしていますので
全く初心者の方でも作りたいものがあれば、必ず完成まで指導します
見学も出来ますので、まずはお問い合わせください
お問い合わせ




ハンドメイドアルバム

ネイルアルバム


投稿用アルバムに皆様の作品画像をたくさん並べたい~
ショップのキットやパーツを使って作った作品や
ブログを見て作ってみましたなどの作品投稿用アルバム「BOUQUET」を作りました
ぜひとも写真送ってくださるよう、お待ちしています

こちらまで→投稿・お問い合わせ


続きにショップお取引の流れ概要です






続きを読む

「ミニベアErik君の作り方」をはじめようとしたところ

こんにちは

めっちゃお久しぶりです

半年ぶり…


生きております

腰痛と闘いながら荷物整理もままならず

ショップの方もキット販売はお休みしている状態です

それでもぼちぼち出てきたキットもありますので

一度お問い合わせいただきましたら、ご用意出来るものもあるかもしれません



赤ちゃんが生まれると言うお友達から

生まれてくる赤ちゃんに何か作ってプレゼントしたいと相談され

以前から作ろうと考えてたガーゼのErik君を提案しました

そのためにぼちぼちガーゼ生地を集めてたのです


手芸入門者のお友達のために詳しい作り方を書くつもりだったのですが

なぜだか画像がアップロードできないのですよ

半年の間に何があったの?


何度やっても駄目なので

別ブログに書いてこっちにはとりあえずリンク貼っておいて

画像がアップロード出来るようになったらこっちに持ってこようかな

とか思いまして

1回目を↓ここに書いております

「Fairy Party」
http://ameblo.jp/fairy-in-wonderland


だるまのその後がどうなったのか

とか

おにぎりのコインパースをまた作ったんです

とか報告しようと思ったんですが

なにせ画像が貼れないんじゃどうしようもないので

しばらくはアメブロの更新報告ばかりになるかも…

早く画像なんとかしたいです





いつもたくさんの拍手ありがとうございます
ランクアップするととても嬉しくて励みになります!
こちらも↓ちょこっとクリックしてやってくださいませ
<FC2手芸・ハンドクラフトランキング>

<にほんブログ村パッチワーク・キルトランキング>







*お教室情報*
常に生徒さん募集中です
大阪府高槻市の公民館で(表向きは)サークル講師と言う形で教えています(公民館なので)
基本的に第一・第三木曜日(変更する月もあり)の10:00~12:00です
毎月必要なのは1500円と材料費
のんびりしたお教室なのでハードなスパルタをお求めの方には向きません
”作りたいものが作れる”をキャッチコピーにしていますので
全く初心者の方でも作りたいものがあれば、必ず完成まで指導します
見学も出来ますので、まずはお問い合わせください
お問い合わせ




ハンドメイドアルバム

ネイルアルバム


投稿用アルバムに皆様の作品画像をたくさん並べたい~
ショップのキットやパーツを使って作った作品や
ブログを見て作ってみましたなどの作品投稿用アルバム「BOUQUET」を作りました
ぜひとも写真送ってくださるよう、お待ちしています

こちらまで→投稿・お問い合わせ


続きにショップお取引の流れ概要です







続きを読む

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログについてsidetitle
このブログはリンクフリーですが、ご一報いただけると嬉しいです。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleハンドメイドアルバムsidetitle
ハンドメイド ネイル
sidetitle作品募集sidetitle
ショップのキットやパーツを使って作った作品、ブログ見て作ってみました、などその他いろいろ作品写真を見せてください! 頂いた写真はアルバムでご紹介します
アルバム→【BOUQUET】
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

エリック-Erik

Author:エリック-Erik
パッチワーク教室で手芸いろいろ教えています。かわいいもの大好き!

sidetitleパッチワーク&ハンドメイドshopsidetitle
Yバナー
sidetitleモバオク店sidetitle
sidetitleアクセサリーパーツショップsidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle
ランクアップにご協力ください

FC2Blog Ranking

sidetitleランキングsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブログ村sidetitle